池田の英語学習理論

学習理論

池田和弘が、最先端のものを中心に、様々な英語理論を語ります。

言語学や脳の情報処理の観点から、

効果的に学習できる方法などをご紹介します。

英語の学習法と文法(2) 

2014年8月26日

話を戻すが、コミュニカティブ・アプローチの優れている点は

「文法を教えない」という点に加えて、あと2点ある。

 

そのひとつは、「情報の格差を埋める」という発想である。

 

これは、並列分散処理的な発想でもあり、スピーキングのみならず、

リーディングなど、他の能力の養成にも応用できる考え方である。

 

もう一つは、これに関連して、「自然な集中状態」が起こるということである。

 

じつは、コミュニカティブ・アプローチの最大の利点はこの点だといえるかも知れない。

――― なぜなら、人間は集中状態にあるときにもっとも効果的に学習ができるからである。

これは、だれもが一度は体験したことがあるはずだ。

 

このようなわけで、私は自分の授業の中でもコミュニカティブ・アプローチ的な手法を多用するが、

先にアメリカで文法の重要性が再々々々度(?)見直されているように、英語を外国語として学ぶ際には、

言葉を認識するための「補助ツール」として文法的な解説は必要だと考えている。

 

ただし、ここでいう「文法的な解説」というのは、旧来の、自動詞・他動詞や目的語、補語といった

要素還元論的な“分析文法”とは大きく異なっている。 また、認知文法とも異なっている。

 

もう一点、コミュニカティブ・アプローチと異なる点は、「母語の重視」(※)である。

 

英語を「外国語」として学ぶ際には、母語を捨象することはできない。

むしろ有効に活用する方がはるかに学習効果が上がる、というのが私の考え方である。

理由は簡単で、「母語」は私たちの思考のすべてを形作っているからである。

そうでなければ、「母語」と「外国語」をわざわざ区別して呼ぶはずがない。

 

 

(※)「母語」と「母国語」は異なる。「母国語」というのは、その人の「国籍」

との関係で規定される名称で、「母語」というのはその人の思考の基盤となっている言語を指す。

たとえば、国籍はアメリカでも、小さいころから日本で日本語の教育を受けて育ったとすると、

母国語は英語で、母語は日本語ということになる。

英語の学習法と文法(1) 

2014年8月12日

英語の学習法は文法を取り入れるかどうかの狭間で、もう100年以上にもわたって揺れ動いている。

つまり、「文法を取り入れるべきだ」、「取り入れるべきではない」という論争が延々と繰り返されてきたのである。

 

この論争は、20世紀末にコミュニカティブ・アプローチの手法が広まるにしたがって、

決着がついたかのように思われた。コミュニカティブ・アプローチというのは、種々のタスク(活動)を通じて、

英語を文字通りコミュニケーションの手段として使用する中で「体得」させようという考え方で、文法は教えない。

 

20世紀末には、そこにフォーカス・オン・フォームという考え方が付加され、

コミュニカティブ・アプローチはいよいよ究極の言語学習法として完成されたかに思われた。

 

ところが、21世紀に入ると、アメリカにおいて、文法を教えた生徒の方が

コミュニカティブ・アプローチで教えた生徒よりも語学力が伸びやすいという報告が出始めたのである。

 

またもや振り子が、反対側に振れ始めたわけだ。

 

 

私自身は、「コミュニカティブ・アプローチ」か「文法重視の教え方」かと問われれば、

前者の方がはるかに優れていると答える。

 

 

文法重視の教え方の根底には、「①言葉にはルールがある。②だからルールについて学び、

③それを使えるように練習すれば、言葉は使えるようになる」という考え方があるが、

これは直列処理の発想で、一見正しいように見えてじつは誤っているからである。

 

人間の脳は、直列処理など行っていない。

それは、脳の解剖学的な構造、分子生物学的な仕組みを見るとすぐに分かる事である。

 

コンピュータの専門家であれば、脳の“回路”について詳しく知ると、卒倒するであろう。

それほど脳というのは複雑奇怪な“計算機”なのだ。

 

脳は並列分散処理を行っている。

 

並列分散処理の考え方が非常に興味深く、かつ重要な意味合いを持つにも関わらず、

未だにあまり知られていないのは、直列処理に比べ、その原理があまりにも複雑で

説明し難いことが一因であると思われる。

 

「1+1」が「1.7」になったり、「2.2」になったりするのが並列分散処理の世界である。

しかし、だからこそ、直列処理の発想では想像すらできないような作業を簡単にやってのけることができる。

 

脳が、言葉を習得し、使用する過程というのはまさしくこれに当たる。

そこに(旧来の)文法的な指導、つまり直列処理的な発想を持ち込むというのは、破壊的な行為といえる。

 

実際、私はこの目で、破壊されかけた生徒たちをたくさん見てきた。

また、じつは、私自身もそのうちの一人である。

“受動態”のワナ

2014年8月1日

これまでの英文法では、解説や練習の方法がいびつなケースが数多くあります。

 

その代表例が“受動態”です。

 

これは、そもそもネーミングがイケていません。

高校時代、“態とは・・”などといわれて、「なんじゃ、そりゃ?」と思ったことを今でも鮮明に覚えています。

 

最近は流石にこのような古臭い言い方はされなくなってきているようですが、

せめて「受身表現」、または「受身の言い方」ぐらいにして欲しいですね。

 

このように、受動態と言うのは、すでにネーミングで転んでいるわけですが、さらに悪いのはその訓練方法なのです。

 

――― そう、「態の変換」です。

 

これはもう「終わっている」としか言いようがありません。

「態の変換」というのは、ただひたすらシンドイだけの、意味のない演習だからです。

 

たとえば、私が外国人に、「『太郎がそのアプリを作りました』の受身表現は、

『そのアプリは太郎によって作られました』となります」といって、

例の“たすき掛け”の図を描き、「主語が目的語になって・・・」などと教えはじめると、

あなたはいったいどう思うでしょうか?

 

――― 想像するだけでも“気持ちの悪い教え方”です。

 

なぜ私たちがこのような「変換」を気持ち悪いと感じるのかというと、

それは、私たちにとっては、普通の文と受身の文というのは、はじめからまったく別の文で、

いちいち頭の中で変換などしていないからなのです。

 

 

“受動態”の問題はまだあります。

それは「受動態の意味」について、

つまり、「能動態」と「受動態」の意味がどう違うかという点についての解説です。

 

この点については、色々な文法書になんだかんだと説明されていますが、

これらはすべて「まったく不要」です。

 

なぜなら、受身の意味と言うのは日本語にも存在しているため、

そのような説明をしなくとも、誰でも理解できるからです。

 

もし、日本語と英語で「受身」に違いがあるとしたら、

それは「いつ」「どんな場面」で使用されるかという点でしょう。

 

たとえば、日本語では、よく「~に驚いた」と表現を使いますが、

英語ではこのようなときに受身表現を使うのが普通です。

つまり、“I was surprised to (またはthat)・・・.”

「驚かされた」と言います。

 

このような点について説明することは多少は有益でしょう。

しかし、受身表現の形さえ分かっていれば、インプットやアウトプットをする中で、その感覚は自然に分かるようになります。

また、そのようにして自然に“体得”したような表現でないと、結局は使えないのです。

 

私の提唱するインターフェイスグラマー(文法)では、受身の説明や態の変換などは一切行いません。

それでも、生徒たちは確実に英文を把握し、受身を自由に使えるようになります。

 

ご興味のある方は「英語がスラスラわかるようになる魔法の本」を一度ご覧ください。