池田の英語学習理論

学習理論

池田和弘が、最先端のものを中心に、様々な英語理論を語ります。

言語学や脳の情報処理の観点から、

効果的に学習できる方法などをご紹介します。

英語がスラスラ分かるようになる魔法の本  補記

2016年2月10日

「英語がスラスラわかるようになる魔法の本 」  池田和弘

私の著書に「英語がスラスラ分かるようになる魔法の本」というものがあります。

この本は、私が提唱する「受信文法」についてその概要を書いたものですが、

その中で一か所、説明の仕方を変えると

より分かりやすいと思われる点がありますので、お知らせしたいと思います。

 

「受信文法」は、いわゆる学校文法といわれる文法よりもはるかに分かりやすく、

私はこの文法でたくさんの受験生や社会人を救ってきました。

上記の本も、はじめは少しとっつきにくいかも知れませんが、

丁寧に読み込んでいただくとその強烈なパワーを感じとっていただけると思います。

 

実際のところ、私は昨年、中学新2年生にたいして、この本に書かれている方法で、

進行形から動名詞、分詞構文、さらには独立分詞構文までを25分で解説しました。

流石に無理があるかと緊張しましたが、幸いにもたいへん好評で、

今年もアンコールがかかりました。

45分あれば、現在分詞の形容詞的用法や仮主語、

仮目的語といった関連事項も簡単にクリアーできますので、

一度試してみたいと考えています。

 

さて、本の中で変更したい点ですが、

25ページの一番下にある図と26ページの上にある図解。

この中では「句」という中途半端な言葉を使っていますが、

これをホワイトで消して、下のように書き直しておいて下さい。

さんざん頭を悩ませた末に選んだ言葉でしたが、こちらの方が分かりやすいと思います。 

SV

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

英語は、よくSVの言語といわれますが、これはその通りで、

これら4つのパターンだけで、ほぼすべて英文をごく簡単に理解することができます。

文法で困っている方はぜひご参考になさって下さい。

 

    ※核と説明を使うと5文型は不要になりますが、この考え方は

      5文型とは矛盾はしませんので併用することは可能です。

 ◇主な著書

 『こうすれば速く覚えられるTOEICテストの英単語』(日本実業出版社) 2010

『英語がスラスラ分かるようになる魔法の本』(日本実業出版社) 2009

 

★ 英会話教材の最高傑作 ★

リッスントーク

はこちらから

ikeda listentalk

英単語は爆発的に増やせる!③

2015年8月28日

asked

最後に、和文を利用して英単語を覚える方法の

注意点とコツについて述べておきます。

 

 

まず、和文の中に英単語を入れると、

言葉が多少ヘンになることがあります。

 

しかし、意味の流れさえしっかりとイメージできるのなら

何の問題もありません。

 

日本人は、こういった「やや不完全なもの」を嫌う傾向がありますが、

「不完全」→「完全」という流れが言葉の学習の本質で、

これを理解できていないがために英語力が伸びないのです。

 

今では、文法理論にさえ、この考え方が現れています。

 

 

つぎに、大切な点として、英単語は「自信を持って読めないと、

絶対に効果的に覚える事ができない」という点です。

 

ここは日本の英語教育の最大の弱点といっても良い点で、

「知ってるのに読めない」どころか、「書けるのに読めない」

という学習者がたくさんいます。

 

しかし、たとえば、あなたは自信を持って読めない漢字を

覚えることができますか?

 

この点については、今では、ネット上に正確な人工音声で

発音してくれる辞書があるので、それらを活用すると良いでしょう。

 

最後につづりについては、慌てることはまったくありません。

読みさえできていれば、あとは書く練習をするだけで

ほぼ機械的に覚えることができます。

 

読みが分かっていない場合には、この練習は地獄になりますが、

読みができ、意味も分かっていればとても楽しい練習になります。

 

ちなみに、和文を利用する方法は、turn on, turn out などの

群動詞や熟語と言われるものを覚えるのにも活用できます。

覚えることのできる速度も同じで、100~150語/週程度なら

簡単に覚えることができます。

 

この点については、また機会を改めて解説したいと思います。

参考: 「英単語こうすれば速く覚えられる」

「TOEICの英単語こうすれば速く覚えられる」

(いずれも日本実業出版社)

 

★ 英会話教材の最高傑作 ★

リッスントーク

はこちらから

ikeda listentalk

英単語は爆発的に増やせる!②

2015年6月4日

池田式

前回お話したように、英単語というのは、

①つづり、②音声、③意味から成るのですが、

このうちもっとも難しい③については、

私たちは母語である日本語を使って、「すでに」理解しています。

 

あとは、①と②だけの話なので、どうということはないという話になるのです。

 

しかし、これだけで、たとえば、単語を羅列したノートを作れば

覚えることができかというとそうはいきません。

 

人間は、コンピュータと違って個々バラバラの情報を覚えるのが

とても苦手だからです。

たとえば、コンピュータは461098437とかいった数字の羅列を

一瞬で覚えてしまいますが、人間はこういった記憶がとても苦手です。

 

ところが、「つながり合った情報」、たとえば、映画やドラマなどになると

人間の脳は驚くべき能力を発揮します。

だいたい映画は2時間で2Gぐらいの情報があり、これは文字数にするとなんと10億文字、

本にすると130冊分になりますが、名作などであると大抵の人は、

たった1回観ただけでセリフや背景や音楽など、細部にわたるまで覚えてしまうものです。

 

人間の脳は、「つながり合った情報」を記憶するのが非常に得意で、

この能力を活用すれば、500語や1000語ぐらいの単語はアッと言う間に頭に入ります。

 

そこで、和文の中に英単語を入れ込んでしまう訳です。

 

これを左において、右側に単語リストを作り、文脈を確認しながら、

単語リストで軽くテストするようにします。

 

――― なぜ、英文を使わないのか?

 

英文と和文とを比べてあなたはどちらが頭に残りやすいですか。

「意味のつながり」が、強烈に、鮮明に頭に残らないと単語を超高速で、

確実に覚えることはできません。

 

★ 英会話教材の最高傑作 ★

リッスントーク

はこちらから

ikeda listentalk