池田の英語学習理論

学習理論

池田和弘が、最先端のものを中心に、様々な英語理論を語ります。

言語学や脳の情報処理の観点から、

効果的に学習できる方法などをご紹介します。

規則と規則性

2014年6月28日

言葉には規則がある。つまり、文法だ。
だから、英語を学ぶ場合にも文法が大切だ。
--そう主張する人に限って規則と規則性の違いが分かっていない。

人間型学習法(つまり並列分散処理の発想にもとづく学習)では、
基本的に規則は存在しない(※)。
規則性があるのみだ。
一見、規則のように見えるものでも、
それは単にそのパターンの出現頻度が極めて高いからだけに過ぎない。

規則性は、文字通り「その傾向がある」というだけのことなので、
決まったものではない。
つまり、変化する。(規則は変化しない)

言葉の場合、この考え方はとくに有効だ。
なぜなら、言葉は変化するからである。

また、「例外」が生まれることも理解でき、
人間の学習がとてもダイナミックなプロセスであることがイメージできる。

これらすべてが、教え方や教材の作り方に影響を与える。
つまり、人間型の情報処理(並列分散処理)の視点を持つと、
同じものが全く異なる視点から見えるようになるのである。

(※)「基本的に」というのは、人間の脳には一定のプログラミングが
なされているという点を否定することは難しいからである。
ノーム・チョムスキー博士が探ろうとしたのは、おそらくこの点なのだろう。
しかし、この辺りは言語の深層部分で、
単に文法的なものというよりは脳の認識とも深く関連しているため、
英語教育においては「すでにあるもの」として扱う方がベターである。

人間の脳の働きと言葉の学習(2)

2014年6月25日

脳の働きと言語学習

人間の脳は「人間型」の情報処理を行っており、

コンピュータは「コンピュータ型」の情報処理を行っている。

 

これまで英文法について多くの議論がなされてきたが、

結局ほとんど何も変わっていないのは、この点がよく理解されていなかったからである。

 

無理もない。

 

この情報処理、つまり並列分散処理が脚光を浴びてきたのが20世紀の末だからである(※)。

 

実際、この考え方にもとづいた文法が登場したのは、1987年で、

それは「エマージェント・グラマー」と呼ばれている。

 

いずれにせよ、「人間型」の情報処理をベースにすると、

英語の学習の仕方、教材の作り方や使い方などがまるで変わってくる。

とくに、文法に関してはまったくアプローチが違ってくる。

 

「人間型」の英語教育手法は、これまでの「コンピュータ型」のやり方よりも、

はるかに分かりやすく、身に付きやすく、効果的である。

つまり、「学習者にやさしい」。

 

興味がある人には、Inside the Neural Network Revolution (William.F.ALLMAN, Bantam)をお勧めする。

発刊は1990年だが、最も基礎的で重要な点についてわかりやすく書かれており、今でも非常に参考になる。

私に「これだ!」と言わしめた記念碑な名著である。

 

 

(※)じつは、並列分散処理の歴史は、直列処理の歴史と同じぐらい長い。

しかし、直列処理がとても単純明快で、装置も設計しやすく、

かつ実際に多くの成果を出し始めたため、こちらに研究資金が流れやすくなり、

長い間、いわば「お蔵入り」されていたのである。

近年、この情報処理が注目されはじめたのは、

皮肉にも直列処理のマシン(ノイマン型マシン)の情報処理速度が飛躍的に高まったため、

シミュレーションがしやすくなったことによる。

 

ちなみに、「並列分散処理」と「並列処理」とは、言葉がよく似ていて混同されることが多いが、

後者は直列処理を多数使用した情報処理のことで全く異なる。

1ヵ月1000語の英単語を覚える方法(3)

2014年6月19日

この快挙で、単語の記憶にたいする恐怖が完全に吹き飛んだ。

 

そして、それと同時に強く思ったのである。

世の中には、きっと自分のように単語で苦労している人がたくさんいるはずだ、

なんとかこの方法を本に出して世に問うてみたい・・・と。

 

そこで私は出版社に手紙を書くことにしたが、

いざ方法について書くときになってとんでもない問題があることに気付いた。

 

それは、私が英文脈で快適に覚えることができたのは、

その当時、すでに英文をかなり快適に読める(=つかめる)読解力があったからだということに気付いたのだ。

TOEICでいうと800点ぐらいになろうか。

 

英文の意味がしっかりつかめないと、当然、文脈を利用した記憶などできるはずがない。

 

しかし、それ以外の選択肢というと・・・日本語しかなかった。

 

流石の私もここでひるんだ。

日本語を利用するということは、「日本語のストーリー」の中に「英単語を埋める」ということになる。

 

―――これは奇抜だ。きっとキワモノと見られる。

 

論理的にはどんなに正しくても、実際にどんなに効果があっても、

日本人というのは「見た目」や「形式」にこだわる。

そんなリスクを出版社が取るはずがない。

 

駄目か・・・私はあきらめかけた。

しかし、この奇抜な方法が非常に効果的な方法であることは、自分の中では明快だった。

 

そこで、駄目もとで企画書を書きあげ、サンプルをつけてある出版社に送ったのである。

 

すると・・・天の采配か、神の僥倖か、

私を担当した編集者が非常に先進的な人で、一目で気に入ってくれ、

東京本社に招かれたのである。

 

私の懸念をよそに、本は出版されるやたちまちベストセラーとなり、シリーズ化された。

 

インターネットはまだ生まれたばかりの頃だったが、好意的な書評がたくさん現れた。

 

実際、今でもこの本で人生が変わったという人に時折出会うことがある。

中には、高校の英語の先生や英語のプロになった人もいて、

悩んだ日々、試行錯誤をした日々が決して無駄ではなかったと、

大変うれしく、また有り難く思っている。

(★★声有り)

 

今でも、大学の方で実践しており、しっかりと勉強する学生は、

週にだいたい150語ぐらいを覚えてくる。

記憶にかかる時間を時折ヒアリングしているが、

大体60分~80分程度のようである。

これは、私が覚えたときのペースとほぼ同じだ。

 

★少し工夫を加えると、じつは1か月1500語ぐらいを無理なく覚えることができるようになる。

私の知る限り、これは「世界最強の単語記憶方法」である。

ぜひ近い将来に書籍またはネット教材として発表したいと思う。