英語の相談(Q&A)

main_cat_qa

英語学習の質問に対してお答えしてきます。

お問い合わせていただいたものを出来る限り返答していきたいと考えておりますが、

返答までに時間がかかる可能性があること、

また、類似の質問などは割愛させていただきますので、ご了承ください。

チャンク訳とは何ですか?

Listening tokka1

英語と日本語とは語順が違うため、

英語をストレートに理解していくためには、

頭から区切って理解する必要があります。

 

このとき、普通は「チャンク訳」というものが使われます。

チャンク訳というのは、「意味の塊」ごとに切って

日本語の訳を与えたものです。

 

これはこれで非常に良いことなのですが、一つ問題があります。

それは文法のレベルで英語を理解できないということです。

つまり、チャンク訳は本当の意味で語順通りになっていないのです。

 

リッスントークではこの問題を解決するため、

チャンク訳よりさらに英語の語順に近づけた

「超区切り訳」を行っています。

 

しかし、このようにすると、意味のつながりが

分かりづらくなるケースもあるため、

「超区切り訳」のすぐ下に、自然な日本語訳を配置しています。

 

つまり、2段になった「立体的な訳」がつけられているのです。

「3次元方式」といっても良いでしょう。

 

このようにしておくと、英語⇒超区切り訳の流れで聞きながら、

全体の訳を確認することで、英文の仕組みがよく分かり、

本当の意味で英語を英語の語順で理解できるようになります。

 

★ 英会話教材の最高傑作 ★

リッスントーク

はこちらから

ikeda listentalk

TOEFLのスピーキングが一向に伸びません!

Q:  いつも日経ビジネスオンラインでの連載を楽しく拝見しております。

連載を読んで、日本語を積極的に活用していいんだ、

いやすべきであるということを学び、

英語の勉強がたいへん楽に、また楽しくなりました。

それまでは、「頭のなかを英語漬けにしろ」という方針にしたがい、

英英辞典を使ったり、わかりもしないCNNニュースなどを

ひたすら聞いていたのですが、さっぱり捗らず、

苦労していたところでした。

先生の連載はまさに目からうろこでした。

 

さて、ひとつ質問がございます。

現在、海外大学院への留学を考えており、

そのためにTOEFL対策を進めております。

リーディングやリスニング、ライティングは

勉強量に従って点数が伸びてきているのですが、

スピーキングセクションだけは一向に点が伸びず、

またどう対策したらよいか途方にくれています。

 

いろいろと参考書は購入しましたが、

つまるところ「ひたすら英語を話す練習をしろ」

という内容のものが多いです。

確かに最後は練習しかないとはわかっているのですが、

TOEFLのスピーキング課題は自らの意見や考えを

論理的に述べよというもので、日常会話のように

気楽に話す練習ができるものではありません。

 

「話す練習をしろ」と言われても、求められているもの

と自らのスピーキング能力のあまりのギャップに、

正直手も足も出ない状態です。

 

何か、よい学習方法や学習方針などご教示いただければ幸いです。

 

 

A:  ご質問にたいするお答えですが、

TOEFLの口頭試験のレベル+長さの英文を30本前後選んできて、

それぞれに自らQ&Aを3問ずつ程度作り、徹底的に音読してください。

日本語をフルに活用するという点が必須なのは

申し上げるまでもありません。

音声がついているとベストです。

 

これで、手ごたえを感じることができるはずですが、

分量が不足していると感じれば、さらに追加してください。

その延長上に、必ず結果が出ます。

 

進歩しているという点を、一文一文、自分自身でしっかりと評価し、

ポジティブな姿勢でトレーニングする点を忘れないようにして下さい。

学習のプロセスを少しでも楽しもうとすることも重要です。

 

★ 英会話教材の最高傑作 ★

リッスントーク

はこちらから

ikeda listentalk

「池田和弘の最新英語教材」って?

ikeda listentalk

~ 「池田和弘の最新英会話教材」という広告 ~

広告に関するお問合せに答えさせていただきます。

私は、皆様が知っている教材として、今までに2つの英会話教材を開発しています。

一つ目は、スピークナチュラルで、2011年の発売。

それに対して、リッスントークは2015年の発売です。

そのため、最新作は「リッスントーク」となります。

【リッスントーク】

リスニング(聞ける) + スピーキング(話せる) という英会話のエッセンスを完全に強化し、

かつ、初心者でも習得可能なように、「学習者に優しい」教材を開発いたしました。

それが「リッスントーク」です。

最近では私の主張している英語理学習論を数々の出版社や新聞社が取り上げてくださっています。

リッスントークの詳細を知りたい方はこちらからどうぞ。

http://bright-eggs.com/listentalk/

 

★ 英会話教材の最高傑作 ★

リッスントーク

はこちらから

ikeda listentalk

1 / 41234