ブログ

ブログ

池田和弘のブログです。

日常の出来事から英語の新たな発見などをお伝えいたします。

「スピークエッセンス」のウェブサイトがリニューアルしました!

2018年7月31日

スピークエッセンス

本日、私のマスターピースのひとつである「スピークエッセンス」のウェブサイトがリニューアルしました。
非常に分かりやすい説明になっていますので、ここを見ていただければ、「スピークエッセンス」とはどういう教材なのかを理解していただけるかと思います。

リニューアルされた「スピークエッセンスのウェブサイト」はこちら

speak essence

さて、既にご購入いただいた方には、ひとりひとり、学習の進み具合をお尋ねしたいくらいですが、買ってはみたものの、日々忙しくて、なかなか手がつかない、あるいは、英会話の勉強方法について、「いろいろな声」が外から聴こえてきて、「集中できない」とおっしゃる方もいらっしゃるかも知れません。

しかし、せっかくこの教材をご購入いただいたのでしたら、なんとしても最低4週間は集中して学習していただければ・・・と願っております。
なぜ、そう願うのかと言いますと、何人もの英語の初心者の方にこの教材を試していただき、その効果をしっかりと確認したからです。

そして、「なぜ、スピークエッセンスなのか?」について、改めて、簡単にお話しいたします。
まず、文字通り星の数ほどの教材があるにもかかわらず、どうしてこんな教材を作ったのかというと、それは、もちろん、これまでの会話教材には大きな問題点があると感じたからです。それが何かというと、“非現実的だった”という点につきます。
つまり、いくら練習したところで、「聞けて、話せる」ようにはならない、決して出来ない“作り”だったのです。

あなたが英会話の初心者であるなら、少し頭の中で、チェックしてみてください。
これまで使ってきた教材では、「ネイティブの英語」「ナチュラルスピードの英語」、さらには、「速聴」という点が強調されていませんでしたか?
もし、こういった点が宣伝されていたら、そこですでに「アウト」です。
なぜなら、ナチュラルスピード、さらには2倍、3倍速の英語は、中級者以上のリスニングの練習ならともかく、初心者の「会話」となると、まったく無力です。
ただの「雑音」として処理され、身につきません。

ikeda

もう一点大切なのは、会話は「リスニングとスピーキングの両方をマスターしないといけない」という点です。
この点をおさえないと、いくら表現集を学習しても、実際に英語で会話できるようにはなりません。
「短期間」ということなら、なおさらです。

これにたいして、「スピークエッセンス」は、短期間でまず「話せる」感覚をつかめることを追究し、その後、「聞ける」ことを身につける「会話特化型」の教材なのです。

 

しかし、中には、こういう方もいらっしゃるでしょう。

スピークエッセンスの“超スロー音声”を聴いただけで、頭の中に「?」が浮かび、そのまま教材がほこりをかぶってしまっている。
また、テキストの英文を見て、「簡単過ぎる」と感じ、やる気を失っている。

ちょっと待って下さい!

例えば、本当に、スピークエッセンスに載っている日本語を見て、スラスラと英語を口にすることができますか?

試してみて下さい。

おそらく、できない表現が沢山あるはずです。
たとえ、文法や単語が、「中学レベル」であっても・・・

じつは、外国語を話すということは、世の中で宣伝されているほど簡単なことではありません
この点は、専門分野の本には必ず書かれています。

私も、仕事柄、英語で面接をしたことが何度もありますが、長い間海外に住んでいた人でも、本当にスラスラと話せる人というのは、とても少ないというのが、「現実」です。

これまでの経験の中で、私が「この人は、できる!」と舌を巻いたのは、中学時代・高校時代に、合わせて5年間オーストラリアに住んでいた大学生(当時4回生)の方や、10年もの間、世界を股に営業をしてきて来た方(会社員・男性)など、ごくわずかです。

逆に、10年前後も海外に住んでいたのに、有り得ないほど英語が話せない人にも何人か出会ったことがあります。

私自身はどうかというと、じつは国内で英語を学びました
ですから、英会話の難しさを嫌というほど知っています。

だからこそ・・・・
スピークエッセンスなのです。

私も仕事柄、いろいろな会話教材や会話本を調べて、使ってみてはいますが、日本国内にいて、教材を使って英会話を学習しようとする限り、しかも、初心者として6カ月~1年という“短期”で確実に効果を体感したいと考えている限り、「スピークエッセンス」が最適だと思います。

私自身の研究や実験から、この教材が多くの人たちにとって、「最初のステップ」であり、同時に「最後の砦」だと信じています。

(58)早期英語教育の可能性とリスク

2018年5月31日

ikeda-nikkei

皆さん、こんにちは。

今回のコラムは「早期英語教育の可能性とリスク」です。

さて、今流行りの「インターナショナル・プリスクール」ですが、
そこの在校生や卒業生(小学低学年)のご両親(主に母親)にとって、
早期に英検準2級や2級にを合格したいという希望が増えています。

ところが、2016年より英検は、全級の4技能化に向けた取り組みの一環として、
問題形式もリニューアルされ、それに伴い、各級の合否判定方法も変わりました。

以前では、インターナショナル・プリスクールの生徒にとって、
リスニングを満点近く取っておけば、準2級や2級も比較的容易に合格できたのですが、
2016年以降、技能ごとにスコアが均等に配分されるようになり、
2級以下は、合格のために各技能の6割程度の正答率が必要となったため、
リーディングでつまずいて不合格になる方が増えているようです。

幼い子供たちは音声にとても敏感で吸収力が高いため、
英語漬けに近い環境にいると、聞き取り力や会話力はどんどんと伸びます。
ところが、リーディングは、なかなかそうはいきません。
文字をしっかりと認識し、その意味を理解する必要があるからです。
また、意味内容についても、リスニングよりリーディングの方がレベルが高く、
その傾向は年齢が上がるにしたがってどんどんと開いていきます。
それは、スピーキングと違い、リーディングの場合には情報が文字として残るからです。
視覚は聴覚の10倍程度の情報を処理しますので、
「文字として視覚的に残る情報」は深く複雑になるのです。

幼児にとって、英検準2級や2級のリーディング内容は
理解するための知識が圧倒的に不足しています。
それでも、インターナショナル・プリスクールの子供たちで、
英検を受験する方が増えているのが現状です。

今回はその点を踏まえて、
早期英語教育の可能性とリスクについて書かせてもらいました。
また、最大の効果のために何が必要かについても記載しています。

是非ご一読ください!

 

早期英語教育の可能性とリスク
最大の効果のために何が必要か

コラムを読みたい方は、こちらよりご覧ください。

記事はこちらから

 

 
◇主な著書

 『こうすれば速く覚えられるTOEICテストの英単語』(日本実業出版社) 2010

 

『英語がスラスラ分かるようになる魔法の本』(日本実業出版社) 2009

 

 

★ 初心者向けのハイブリッド英会話教材 ★
【リッスントーク】 実践英会話

リッスントーク

 

 

 

 

★ 超初心者向け 話せる実感が得られる教材 ★
【スピークエッセンス】 基礎英会話

se-01

 

 

マスコミからも注目!池田和弘の最近の掲載記事】

なぜ英語を「話せない」?たった7カ月で英語が話せる画期的教材!既存教材の盲点克服

2015年3月 ライブドアニュース 

英語得意に

2015年4月 産経新聞 

●ラジオゲスト出演

2015年5月 ラジオ関西 「三上公也の情報朝イチ!」 

“大人の日本人”に合ったストーリー式英単語記憶法

2015年6月 ダイヤモンドQ 

TOEIC満点でも英語が話せないのはなぜ? 言語学者がたどり着いた英会話学習「6つの実践法」とは

2015年8月 現代ビジネス 

英語が苦手な人必読! 「日本語で覚える英語」があなたを救う!?

2015年11月 プレジデントオンライン

 

★ 2015年10月~ 日経ビジネスオンライン連載 ★ 

「日本語を活用した英会話習得法」

第1回 日本語の中に“カタカナ英語”を混ぜる 英単語は少しの工夫で飛躍的に覚えらえる

第2回 「読み」が隠された秘訣だった! 高速音読で爆発的な記憶を身に付ける

第3回 リスニングを爆発的に伸ばす秘訣「答えを攻める」

第4回 スピーキングができないとは言わせない! 秘訣は「検索力」と「リスニングとの結合」だ

第5回 「遊び心」がないと英語力は身に付かない 日本人の悪癖を斬る

第6回 遊びながら英語を上達させた2人の実例 潜在力を引き出すノウハウ

第7回 英文法をシンプルに斬る! 常識が正しいとは限らない

第8回 中学英語で英会話は十分にできる 文法と英会話の微妙な関係

第9回 MBAを取得したプロフェッショナル達の発見

第10回 TOEIC600点への最短・最楽学習法

第11回 英語の見方が変わる秘密の鍵

第12回 スピーキングが英語学習を変える

第13回 効果が数倍上がる英会話学習法

第14回 ”気まま”に英会話を楽しみ最大の効果を上げる

第15回 実録:英語で仕事ができるようになった人

第16回 映画「アルマゲドン」から学ぶ使える英文法

第17回 脳を理解すれば、英語力は無理なく伸びる

第18回 英語への苦手意識が治る5つのポイント(前半)

第19回 英語への苦手意識が治る5つのポイント(後半)

第20回 TOEIC400点前後でプロ並みの英語を書く人

第21回 翻訳・通訳サービスがあっても英語を学ぶ理由

第22回 多くの達人が実践している学習法

第23回 多言語を話す人たちのアドバイス

第24回 スピーキングの伸ばし方

第25回 中学英語を自在に応用する!

第26回 日本の英語教育の明日

第27回 英語の学習は「ゼロサムゲーム」か?

第28回 成功する英語教育のための4つの課題

第29回 ディープラーニングと英語学習の関係

第30回 英語学習を10倍に加速できる理由

第31回 英語学習がうまくいかない理由とその解決方法

第32回 オンライン英会話の賢い使い方

第33回 国内で英語を学ぶには何を素材にすれば良いか?

第34回 最強かつ最悪の素材「映画」をどう活用するか?

第35回 映画・ドラマを使った具体的な学習法

第36回 「英語脳」と「スピーキング」の関係

第37回 「中学英語で十分」は本当だった

第38回 英語学習には欧米でも「母語を活用すべし」の声

第39回 実体験:文法のない英会話の世界

第40回 洋楽のパワーで英語力を伸ばす

第41回 「文法の無い英語教育」は実現するか

第42回 進化する英語学習法、学習の敷居を下げるには

第43回 TOEICのトリセツ――無理・無駄のない扱い方

第44回 英文法に関する「捻じれ」を乗り越える方法

第45回 他言語に触れると英語がやさしくなる

第46回 英語学習の基盤は「読み上げ力」

第47回 こうすれば文法はやさしくなる

第48回 英語をやり直すためのアドバイス

第49回 TOEICを異次元の角度から攻める

第50回 TOEICを4カ月で100点上げる方法

第51回 海外留学がなぜ最強の語学強化法なのか

第52回 進化する学習法、英語教育の最前線

第53回 文法は必要?不要? 英語教育の最前線(2)

第54回 外国人に学ぶ最強の英語学習テクニック

第55回 大学入試の英語試験を民間委託する波紋

第56回 「英語やり直し」を成功させる4つのアドバイス

第57回 米国飛行機事故の交信記録が教えてくれたこと

第58回 早期英語教育の可能性とリスク

(57)米国飛行機事故の交信記録が教えてくれたこと

2018年5月15日

ikeda-nikkei

皆さん、こんにちは。

今回のコラムは、4月中旬に、アメリカで起きた大きな飛行機事故からのものです。
私は事故の第一報をウェブ上の日本の新聞で知り、すぐさまYoutubeで検索しました。
ニュースを英語で聞こうとしたのですが、どういう訳か想定外にも
パイロットと管制官の交信記録に行き当たってしまったのです。

この交信記録を聞いて興味深かったのは、交信内容よりも
英語学習のことで、「何を言っているか知りたい」というモチベーションが
猛烈な集中を引き起こすということに気づかされたのです。

つまり、「コミュニケーションこそが言葉の原点だ」ということなのです。

今回はせっかくですので、文法・語法的な解説を若干入れながら、
その交信記録の抜粋をご紹介させていただきました。

是非ご一読ください!

なお、今回のコラムは、非常に多くの方からご意見をいただきました。
その中で、ひとつ、パイロットや航空関係者の方々からご指摘があった間違い箇所がございましたので、
この場を借りてお詫び申し上げます。

≪間違い箇所≫
SW 1380, runway 27 left, cleared to land.
SW 1380, right turn when you’re able. You want to stop, wherever you need to is fine.
(サウスウエスト1380便。滑走路27が<進入方向>左手にある。着陸可能)
(サウスウエスト1380便。準備が出来次第、右へ旋回されたし。 停止位置はどこでも問題ない)

こちらの「滑走路27が<進入方向>左手にある」という訳ですが、
これは“runway 27L (left)”という滑走路の名称であって、左手にあるということではありませんでした。

ご指摘によりますと、
滑走路には、個々に名称があって、滑走路の方位角度の上2桁で呼ばれるようです。
そして、複数の同方位の滑走路が並行して走っている場合、数字2桁の後にL(left)やR(right)を付けて識別するとのことでした。

今回の場合も、滑走路2本が並行して走っていたため、
runway 27L(two seven left)を管制官が指定したというわけでした。

改めて、この度は多くの方よりご連絡いただき有難うございます。
こうして専門家の方のご指摘を受けるのは、大変有難いことです。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

 

米国飛行機事故の交信記録が教えてくれたこと
教科書をはるかに越えた世界

コラムを読みたい方は、こちらよりご覧ください。

記事はこちらから

 

 
◇主な著書

 『こうすれば速く覚えられるTOEICテストの英単語』(日本実業出版社) 2010

 

『英語がスラスラ分かるようになる魔法の本』(日本実業出版社) 2009

 

 

★ 初心者向けのハイブリッド英会話教材 ★
【リッスントーク】 実践英会話

リッスントーク

 

 

 

 

★ 超初心者向け 話せる実感が得られる教材 ★
【スピークエッセンス】 基礎英会話

se-01

 

 

マスコミからも注目!池田和弘の最近の掲載記事】

なぜ英語を「話せない」?たった7カ月で英語が話せる画期的教材!既存教材の盲点克服

2015年3月 ライブドアニュース 

英語得意に

2015年4月 産経新聞 

●ラジオゲスト出演

2015年5月 ラジオ関西 「三上公也の情報朝イチ!」 

“大人の日本人”に合ったストーリー式英単語記憶法

2015年6月 ダイヤモンドQ 

TOEIC満点でも英語が話せないのはなぜ? 言語学者がたどり着いた英会話学習「6つの実践法」とは

2015年8月 現代ビジネス 

英語が苦手な人必読! 「日本語で覚える英語」があなたを救う!?

2015年11月 プレジデントオンライン

 

★ 2015年10月~ 日経ビジネスオンライン連載 ★ 

「日本語を活用した英会話習得法」

第1回 日本語の中に“カタカナ英語”を混ぜる 英単語は少しの工夫で飛躍的に覚えらえる

第2回 「読み」が隠された秘訣だった! 高速音読で爆発的な記憶を身に付ける

第3回 リスニングを爆発的に伸ばす秘訣「答えを攻める」

第4回 スピーキングができないとは言わせない! 秘訣は「検索力」と「リスニングとの結合」だ

第5回 「遊び心」がないと英語力は身に付かない 日本人の悪癖を斬る

第6回 遊びながら英語を上達させた2人の実例 潜在力を引き出すノウハウ

第7回 英文法をシンプルに斬る! 常識が正しいとは限らない

第8回 中学英語で英会話は十分にできる 文法と英会話の微妙な関係

第9回 MBAを取得したプロフェッショナル達の発見

第10回 TOEIC600点への最短・最楽学習法

第11回 英語の見方が変わる秘密の鍵

第12回 スピーキングが英語学習を変える

第13回 効果が数倍上がる英会話学習法

第14回 ”気まま”に英会話を楽しみ最大の効果を上げる

第15回 実録:英語で仕事ができるようになった人

第16回 映画「アルマゲドン」から学ぶ使える英文法

第17回 脳を理解すれば、英語力は無理なく伸びる

第18回 英語への苦手意識が治る5つのポイント(前半)

第19回 英語への苦手意識が治る5つのポイント(後半)

第20回 TOEIC400点前後でプロ並みの英語を書く人

第21回 翻訳・通訳サービスがあっても英語を学ぶ理由

第22回 多くの達人が実践している学習法

第23回 多言語を話す人たちのアドバイス

第24回 スピーキングの伸ばし方

第25回 中学英語を自在に応用する!

第26回 日本の英語教育の明日

第27回 英語の学習は「ゼロサムゲーム」か?

第28回 成功する英語教育のための4つの課題

第29回 ディープラーニングと英語学習の関係

第30回 英語学習を10倍に加速できる理由

第31回 英語学習がうまくいかない理由とその解決方法

第32回 オンライン英会話の賢い使い方

第33回 国内で英語を学ぶには何を素材にすれば良いか?

第34回 最強かつ最悪の素材「映画」をどう活用するか?

第35回 映画・ドラマを使った具体的な学習法

第36回 「英語脳」と「スピーキング」の関係

第37回 「中学英語で十分」は本当だった

第38回 英語学習には欧米でも「母語を活用すべし」の声

第39回 実体験:文法のない英会話の世界

第40回 洋楽のパワーで英語力を伸ばす

第41回 「文法の無い英語教育」は実現するか

第42回 進化する英語学習法、学習の敷居を下げるには

第43回 TOEICのトリセツ――無理・無駄のない扱い方

第44回 英文法に関する「捻じれ」を乗り越える方法

第45回 他言語に触れると英語がやさしくなる

第46回 英語学習の基盤は「読み上げ力」

第47回 こうすれば文法はやさしくなる

第48回 英語をやり直すためのアドバイス

第49回 TOEICを異次元の角度から攻める

第50回 TOEICを4カ月で100点上げる方法

第51回 海外留学がなぜ最強の語学強化法なのか

第52回 進化する学習法、英語教育の最前線

第53回 文法は必要?不要? 英語教育の最前線(2)

第54回 外国人に学ぶ最強の英語学習テクニック

第55回 大学入試の英語試験を民間委託する波紋

第56回 「英語やり直し」を成功させる4つのアドバイス

第57回 米国飛行機事故の交信記録が教えてくれたこと